ハードディスクと光学ドライブの選び方

自作パソコンのハードディスク

パソコンで作業した内容を保存したり、OSやプログラムなどをインストールするためにはハードディスクを組み込む必要があります。このハードディスクにはHDDやSSDといったものが利用されています。

ハードディスクの大きさと規格

ハードディスクには3.5インチ、2.5インチ、1.8インチといったサイズが用意されています。基本的にデスクトップの自作パソコンの場合は3.5インチのハードディスクを利用することになります。メーカー製のものでも3.5インチを利用しています。

ハードディスクの規格についてですが、こちらは現在の主流はSATAという企画です。SATAにはSATA2とSATA3がありますが、ほとんどがSATA3となっています。これらの違いは転送速度。SATA2は300Mbyte/sなのに対して、SATA3は600Mbyte/sと理論上は倍の転送速度になります。

ちなみに、このハードディスクの適合する規格はマザーボードの種類によって変わります。SATA2に対応しているマザーボードに対してSATA3を利用することもできます。ですので、パソコンを自作する場合はSATA3を選ぶのが無難だと言えます。

ハードディスクの容量

ハードディスクの容量は大きければ大きいほど多くの情報を保存しておくことができます。最近ではTB(テラバイト)を超える大容量なHDDも格安で購入することができるようになっているので、できれば最初から容量が大目のものを選びたいところ。なお、自作パソコンの大きなメリットとしてHDDを増設することができる、という部分があります。これによって後からハードディスクを追加することができるので、予算の都合がつかない場合は最初は安くて低容量なHDDだけで、後から追加する、というのも良いでしょう。

HDDとSSDの違い

ハードディスクを選ぶときに、HDDにするかSSDにするか、といったポイントもあります。HDDはディスクにデータを書き込むわけですから当然、書き込み、読み込みという動作に時間がかかります。ですが、容量が圧倒的に多いというメリットがあります。一方のSSDは複数のフラッシュメモリが組み込まれているものです。HDDほどの容量は無く、250GB程度のものが多いです。また、値段もHDDよりずっと高いのですが、かなり読み込み速度に優れているというメリットがあります。特に恩恵が受けられるのがゲーム用PCです。重いネトゲの起動やマップ移動が速くなるメリットがあります。

SSDはこれから発展していくパーツだといわれているので、様子見のためにもHDDで良いという人が多いです。

自作パソコンの光学ドライブ

光学ドライブは自作に限らず、もはやパソコンにとって必要不可欠な存在になりました。最近ではブルーレイドライブの数も増えてきており、様々なメディア形式に対応することができています。光学ドライブの種類は大きくわけて3種類あります。

CDドライブ

CDの読み込み、書き込みを行うための光学ドライブになります。最近ではCDだけでは容量が足りないことが多く、主流となっているメディアがDVDやブルーレイに移行したことからもCDドライブが売られているのは稀になってきました。

DVDドライブ

現在主流となっている、DVDの読み込み、書き込みを行うためのドライブです。ほとんどのDVDドライブは下位互換に当たるCDの読み込みや書き込みも出来るようになっています。読み込みに関しては様々な規格のDVDに利用できても、書き込みに関しては対応している規格が異なるので、使おうと思っているDVDドライブがどの規格に対応しているのかを確認しておいたほうが無難です。

ブルーレイドライブ(BDドライブ)

ブルーレイディスクの読み込み、書き込みができるドライブです。最近ではテレビ録画をパソコンで行うことが多く、主流であるDVDでは容量が不足することもしばしば。そこでより容量の大きいブルーレイディスクが利用されるようになったという背景があります。BDドライブを使用するためにはパソコンの他のパーツのスペックの要求が高いことが多いため、自作パソコンにBDドライブを組み込む際にはどれくらいのスペックが必要なのかを確認しておきましょう。

光学ドライブの大きさと規格

光学ドライブにはいくつかのサイズと規格があるので注意が必要です。自作パソコンに利用する光学ドライブはほとんどが5インチ、SATA規格であることが多いです。光学ドライブの接続規格であるSATAはハードディスクの規格のようにSATA2やSATA3といった区別は無いので特に気にしなくても大丈夫でしょう。