国産でも国内組み立ての会社もある

グラボの型番と付けてる本体はメーカー製なのかBTO自作なのか、電源ユニットなにつかってるかも教えてほしい。国産でも実は国内組み立てとかあるし、もうほんと情報守るためだけに国内BTOとか自作するか迷ってしまう。そもそもプリインストール信用しない。自作でもBTOでもメーカー品でもいいけど、OSは自分で入れなおす。自作だるいからBTO頼んでも結局壊れて交換してるからあんま意味ない気がしないでもないけど電源とかの配線最高にめんどくさいしまあいいかなってかんじだ。自作は完全自作だけどBTOはメーカーから買うものだから組み立ていらないだとかスペック選ぶだけでいいとか色々ラク。初めてのPCも自作で失敗したら悲惨なことになりそうだったからBTOで組んだんだよな。自作ならもっと尖ったのが作れるんだけどBTOだとどうしても丸くなってしまう。

まず自作のメリットは規格品のパーツで修理が容易なこと。◯ELLとか独自規格電源だから交換費用が高い。あと変態構成にし易いこと。そもそも組み立てるのが楽しい。パーツ大量仕入れで安く出来るBTOとかのが人件費考えても安そうな予感。PCを自作することを決意した。Tチャー曰くローテーションしながらパーツを分割購入することで最新スペックの状態を10年以上キープしているとのこと。とりあえず今回は普通にBTO買うけど、金に余裕あったらパーツを買ってこよう。デスクはもう長いこと自作で、自作よりショップのBTOがいいとかむしろワークスがいいとかって話は全く信じられない。自作は怖いって言うしBTOにしたい。やっぱきちんと組んでそこそこの値段のやつじゃないとすぐ逝く(5月か6月そこらで1度自作するかBTOのやつ買って弄る。自作はやってみたいけど万が一の失敗でお金が吹っ飛ぶのと必要ソフトの管理を考えると面倒臭いと感じるのでこれからもBTO+α。PC自作なんて簡単。ただ、BTOで買ったほうが方向性決まってていいかもしれない。BTOっていうパーツだけ選んで作っておくって貰う方法もあるけどちょっと高くなる。ちょっとでも興味あるならぜひとも自作して欲しい。

Comments are closed.